バイブルメッセージ Bible Message

あなたの居場所は何処に

2016年 12月 6日

(ルカ2章1―7節)

「宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。」

 

主イエス誕生の時、居場所がなかったのです。最初に身を置いたベビーベットは、動物の餌を入れる飼い葉桶でした。当時の飼い葉桶は石で、動物の唾液もつき、毛も落ち、汚い不衛生な場所で、それは罪に汚れ、愛の冷えたこの世を象徴しています。御子はあえて、そのような場に身を置いてくださったのです。

 

人は自分の居場所を確保しようとします。けれども、そのために他の人を自分の領域から追い出そうすることがあります。ホームレスと呼ばれている人の多くは、社会において自分の居場所を失ったのです。ですからホームレスとは住居がないということではありません。仕事にいっても、学校に行っても、家に帰ってきても、自分の居場所のないと思っている大人や子どもがいっぱいいるのです。しかし、居場所のない経験をされた御子は、居場所がないと思っている一人一人に居場所を与えてくださるために、来てくださったのです。

 

教会という居場所 : 主イエスは、御自身の体なる教会という居場所を与えてくださいます。どんな人も愛されていて、招かれていて、居場所を見つけることができる場所です。主イエスは、「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」と言われました。教会で、人はその存在を尊ばれ、傷が癒され、イエス様の愛と慰めに満たされます。

 

主イエスの居場所 : は、この世での生涯を、この世の冷たさ、罪の世界を象徴する飼い葉桶から始めてくださいました。全く罪のない神の御子ですが、わたしたち人間のすべての罪、汚れ、痛み、悲しみを担い、十字架で死なれ、その罪を滅ぼしてくださいました。そして、死者の中から復活され、今は、天の御国におられます。そして、今の時代、助け主、慰め主と呼ばれる聖霊様を通して、主は信じる者の心に住み、居場所としてくださいます。わたしたちが、主よどうぞお入りくださいと心を開くならば、主のお住まいは、この世にあっても、どんどん広がっていくのです。

 

永遠の居場所 : しかし、わたしたちは例外なく、この世においては死を迎え、この地上に居場所がなくなります。お墓は、わたしたちの最後の居場所ではありません。主イエスは、再びこの世に目に見える形で戻って来られ、御国に用意してくださっている御国の住まいにわたしたちを迎え入れてくださるのです。

 

今、あなたの居場所は、どこにあるのでしょうか。この世の様々な営みでしょうか。それは、永遠の居場所ではありません。あなたの居場所は、この主イエス・キリストの体なる教会にあります。そして、わたしたちの心を主は、居場所としてくださいます。そして、天の御国には、わたしたちの永遠の住まいが用意されています。クリスマスは、神がわたしたちに永遠の居場所を与えるために来てくださった日です。

ウェスレアン・ホーリネス教団 浅草橋教会(牧師・山崎 忍)

テレホンバイブルメッセージ 同じ内容のメッセージを電話でも3分間、聞くことができます。 03・3865・3307