バイブルメッセージ Bible Message

あなたは何もかもご存じです (ヨハネ21章15―19節)

2017年 5月 10日

「……はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです。……」(15)

 

この人たち以上にわたしを愛しているか

 

ペトロは、かつて「たとえみんながあなたにつまずいても、わたしは決してつまずきません。」と言い放ち、自分は最後まで、あなたを愛し続けると主イエスに誓いました。にも関わらず、他の弟子と同じように逃げ、イエス様を知らないと言ったのです。

 

ですから、「この人たち以上にわたしを愛しているか」とイエス様に問われたとき、ペトロは、自分の内にはイエス様を愛し抜く力がないことを改めて悟るのです。だから、ペトロは、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」、つまり「わたしの愛がどの程度かは、あなたがご存じです」と答えているのです。自分を自分以上に見せようと背伸びをしていません。かつて大胆にイエス様への愛を主張したペトロの姿はどこにもありません。

 

三度目にイエス様が「わたしを愛するか」と言われたとき、ペトロは「主よ、あなたは何もかもご存じです。わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます」と答えています。「何もかも、余すところなくご存じの主よ。」と自分自身を委ねたのです。

 

「わたしの羊を飼いなさい」

 

イエス様は三度「わたしの小羊を飼いなさい」「わたしの羊を世話しなさい」「わたしの羊を飼いなさい」と言われました。それは、ペトロに対する赦しの宣言でもあります。イエス様は、ペトロにこう言っているのです。「わたしは、あなたのために十字架で血を流し、あなたを贖ったのだ。だから、これからは、自分の力によらず、わたしの愛を受け取って、わたしの愛に満たされて、傷ついた人びと、苦悩している人びと、罪の中でもがいている人を救い出し、養う者となりなさい」そして、最後に主イエス様は、「わたしに従いなさい」と言われました。これもイエス様の愛の赦しの言葉でもあります。「あなたの罪は赦されている。だからこれからは、聖霊の助けによって、わたしに従ってきなさい。」ということだったのではないでしょうか。

 

「復活」という言葉の意味は、「起き上がる」です。ペトロが「主よ、あなたは何もかもご存じです」と告白したとき、イエス様は、聖霊を通して、ペトロの萎えた心に触れて、その心を癒され、新しい使命のために起き上がらせてくださったのです。同様に、わたしたちも「主よ、あなたは何もかもご存じです」と主に自分自身を委ねていくなら、主は、わたしたちを主のご愛に満たし起き上がらせてくださり、新しい使命を与え、主に従い続ける者に造り変えてくださるのです。

ウェスレアン・ホーリネス教団 浅草橋教会(牧師・山崎 忍)

テレホンバイブルメッセージ 同じ内容のメッセージを電話でも3分間、聞くことができます。 03・3865・3307