バイブルメッセージ Bible Message

命の光を宿して輝く(ヨハネ福音書1・1~14)

2018年 12月 10日

命の光とは
「その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである。」命の光はどのような光でしょうか。

 

まことの光:真実で、純粋で、完全な光です。聖い愛と自由を与えるための光です。
すべての人を照らす光:隣の韓国は十分に照らされていて、日本はそうでもない。そういうことはありません。全世界の人を照らす光です。人となって世に来られた光:この世は人間の欲望とプライドとが渦巻いており、神に敵対する精神が満ち、悪魔の支配下に置かれている世です。

 

しかし神は、その世をなおも愛されたので、命の光は人となって世に来られたのです。「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。」(14)
初めからおられる方が、この地上に人となって来てくださった。そのとき、主イエスは、全く無力な幼子としてこの世に来てくださいました。御子イエスが、この世にお生まれになるための役目を仰せつかったマリアは、聖霊によって御子を宿しました。わたしたちが遺伝的に引き継いでいる罪とは無縁の方としてこの世に誕生されました。
そして、恵みに満ちた方として来られました。恵みとは何でしょうか? それは、闇の中で神に敵対している者をなおも愛し、赦し、命を与える恵みです。主イエスは、抑圧されている人、貧しい人、病気の人を招かれました。罪人と呼ばれた徴税人の友となり、罪人たちを闇の中から光に移し、命を与えました。
そして真理に満ちた方です。わたしたちの心に闇を造る罪を放置することはできません。それは、聖なる愛の神との交わりを妨害するからです。ですから、その妨げを取り除くために、十字架で命をささげ罪を葬り去ってくださいました。それは、命の言であり、命の光である主イエスを信じる者が、恵みと真理に満たされ、神の栄光を輝かせるためです。
命の光を宿して輝くためにはそれでは、どうすれば、わたしたちは命の光を宿して、その光を輝かすことができるのでしょうか。
マリアが主イエスを身ごもるという知らせを天使から聞いたとき、最初は戸惑いながらも、「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身になりますように。」と御言葉に聞き従いました。
そして、マリアは、「この身になりますように」とその身を神に委ねました。神を宿す器として差し出したのです。そして、マリアは主イエスを宿し、恵みと真理に満ちました。

 

わたしたちも主の言葉を聞いて、主イエスを信じ、身を委ねていくならば、主イエスを宿し、恵みと真理に満ちた存在になります。そして、わたしたちは主と共にあって、人に仕え、人を愛することを通して、神の栄光を輝かせることができます。

 

そのとき、わたしたちの教会、家族、職場、学校、地域にキリストの光を輝かせることができるでしょう。このアドベントの日々、新しく命の光キリストを心に宿し、キリストの光を輝かすお互いとならせていただきましょう。

ウェスレアン・ホーリネス教団 浅草橋教会(牧師・山崎 忍)

テレホンバイブルメッセージ 同じ内容のメッセージを電話でも3分間、聞くことができます。 03・3865・3307