バイブルメッセージ Bible Message

地の果てに至るまで

2017年 6月 8日

(使徒言行録1・6~8)

ご復活の主は弟子たちに何度も会われ、父が約束された聖霊を受けるのを待つように言われました。そのとき、弟子たちは「主よ、イスラエルのために国を建て直してくださるのは、この時ですか」と尋ねました。「神の王国は、わたしたちのところにだけやってくればよい」と言っているようにも聞こえます。弟子たちは「イスラエルの復興」という、とても狭い、自己中心的な希望をこの場に及んでもまだ抱いていました。

 

けれども、主イエスの王国、神の国とは、神の子とされた一人一人の中に働く、神の力を通して建て直されるのです。敵対するものに宣戦布告することではなく、主イエスを証しする一人一人の内に働く神の力によって広がっていくものです。だから、主イエスは、8節のところでこう言われたのです。「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」

 

先日、子どもの学校通信に、もしも弾道ミサイルが発射されたときに備えてという手紙が届き、驚きました。確かにそれほど、今緊迫した状況に世界はあります。しかし、わたしたちは「武力によらず、権力によらず」(ゼカリヤ4・6)神の霊、聖霊の力によって、神の国を実現していく者として召されているのです。わたしたちは、この時こそ、北朝鮮の指導者のためにも、また実は大きな犠牲を強いられている北朝鮮の人びとのためにも祈る者でありたいと思います。

 

主イエスは、聖霊が降り、聖なる愛の力を受けると「エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また地の果てに至るまで、わたしの証人となる」と言われました。

 

先日、浅草橋教会を会場に、第一回日本宣伝会議が開かれました。上馬キリスト教会のツイッターが分かち合われました。ツイッターとは、つぶやきという意味です。つぶやきと言ってもぼやきではありません。教会からこの世に向かってメッセージを発信しているのです。

 

上馬キリスト教会のツイッターを、毎日2万人以上の方が見て応答していて、その多くがノンクリスチャンの方だそうです。この世の人びとが今感心を抱いている話題を取り上げながら、イエス様の愛を少しでも分かち合おうと日夜発信しているのです。

 

その方がこう言われたことが心に残りました。わたしたちは、自分たちの教会に沢山の人が集まることを目的としてメッセージを発信しているのではない。ツイッターは全国、どこにいても見られるので、それを見て、神様のこと、イエス様のことに関心を持った人たちが、それぞれが住んでいる地域で近くの教会に通ってみようと思ってくださればそれが何よりも感謝なことであると。

 

所属教会を愛することは大切で、多くの人に来てもらいたいと思うのも自然なことかもしれません。その一方で、聖霊の力を受けるということは、自分たちの教会中心主義ではなく、キリストの体という一つの大きな教会として、全世界の人にキリストの愛のメッセージを発信していく。これがイエス・キリストの真の証人となるということであることを改めて教えられました。

 

「しかし、あなたがたは、選ばれた民、王の系統を引く祭司、聖なる国民、神のものとなった民です。それは、あなたがたを暗闇の中から驚くべき光の中へと招き入れてくださった方の力ある業を、あなたがたが広く伝えるためなのです。」(Ⅰペトロ2・9)

 

新たな思いで、聖霊様、わたしの心の汚れを取り去ってくださいと祈りましょう。そして、わたしたち一人一人の器が聖められ、神様の聖なる愛の力がこの教会に、この地域に、そして、地の果てまで届くように共に祈ろうではありませんか。

ウェスレアン・ホーリネス教団 浅草橋教会(牧師・山崎 忍)

テレホンバイブルメッセージ 同じ内容のメッセージを電話でも3分間、聞くことができます。 03・3865・3307