バイブルメッセージ Bible Message

地の果てに至るまでわたしの証人となる(使徒言行録1章)

2018年 5月 18日

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりではなく、ユダヤとサマリアの全土で、また地の果てに至るまで、わたしの証人となる」(8)

 

わたしたちのエルサレム、ユダヤ、サマリア

 

わたしたちにとってのエルサレムはどこでしょうか。それは、家庭であり、長年親しくしている身近な友人でしょう。また主イエスを信じかつては共にいたのに今離れている友も含まれているでしょう。

 

わたしたちのユダヤ、サマリアはどこでしょう。それは地域社会です。今年、浅草橋教会では、地域支援のために祈り準備を進めておりますが、いよいよメディカルカフェが始まります。

 

これまで神を礼拝し、賛美し、祈るところであることを承知の上で来てくださいと新しい方を招きました。勿論、教会は、神を礼拝し、祈り、賛美するところです。

 

しかし、主イエスが村々を巡られたとき、「さあ、集会を始めますからここに来てください」とは言われませんでした。主は人びとの必要に応え、ありとあらゆる病をいやされました。主は「仕えられるためではなく仕えるために」来られました。ですから、主イエスの証人も、地域の人びとに仕えるのです。

 

わたしたちの地の果てとは

 

それでは、「地の果てに」とはどこでしょう。

 

地の果てとは、必ずしも遠い国とはかぎりません。どれだけ若者の言葉、文化を知っているでしょうか。年配者の方の様々な苦悩、痛みをどれだけ分かっているでしょうか。世代間には、地の果てほどの隔たりができる恐れがあるのです。

 

「地の果てに至るまで、わたしの証人となる」それは、壁があるような人たちを理解し、共感し、寄り添っていく中でイエス・キリストを証しするということですが、しかし、自分勝手な思いでは絶対にできないのです。だから、聖霊の支配に身を委ね、聖霊の力に満たされる必要があるのです。

 

による力によって

 

では聖霊によってどのような力が与えられるのでしょうか。それは民族、文化、言語、性別、年齢を越えて、他者を愛する力です。 そして聖霊による力を受けたキリストの証人とは、肉体的、精神的、霊的な意味において、誰かのためにその身をささげていく人です。「証人」という言葉の原文の意味は殉教者です。キリストの証人は必要とあらば、キリストのために喜んで命をささげる人たちです。

 

聖霊による力を受け、わたしたちのエルサレム、ユダヤ、サマリア、そして、地の果てまで主の証人とならせていただきましょう。

ウェスレアン・ホーリネス教団 浅草橋教会(牧師・山崎 忍)

テレホンバイブルメッセージ 同じ内容のメッセージを電話でも3分間、聞くことができます。 03・3865・3307